2008y03m31d_223723406.jpg

株初心者のファーストスッテップ

株の取引を始めてみましょう。などと言うと初心者や知らない人などは思わず後ずさりしてしまうかも知れません。確かに株に限らずFX、その他の投資は何も知らない初心者が適当にやってみて収益を上げれるほど簡単ではありません。
 
2008y03m31d_223556906.jpg
 
株の場合もそうです。適当に銘柄を選んで上手くいくことはまれでしょう。そこで基本的な事柄を幾つかあげてみますので参考にしてみてください。

株のメリットはまず、小資金で始めることができると言うことです。不動産などを投資目的に購入しようとする場合には最低でも500万や1000万は資金が必要になります。しかも、仮にこの金額で用意できたとしても購入を選択できる物件は限られてきます。万が一、その物件で誰も借り手があらわれなかった場合のリスクはかなりおおきなモノになります。

それに対して株式投資では100万円からでも複数の銘柄を選ぶことができます。しかもリスクを分散する方法もとれます。例えば10万ずつ10銘柄に分けて買う事もできるのです。こうしてリスクを分散することで損害が出た場合にも被害を最小限にする戦略もとる事ができるのです。

また、投資信託などならもっと小額の資金で投資することも可能です。例えば、毎月1万2万程度の無理のない自由なお金を使って投資していくことができるのです。

今の日本の現状ならば、株式投資でインフレ対策として貯金をするよりはるかに有効かもしれません。仮にインフレが起こってしまった場合に貯金はインフレの影響を受けてしまいます。しかし株価の場合はインフレの影響で株価そのものも変動するのでインフレノ影響を小さくすることが出来ると考えることも可能です。

しかし、いくらリスクはないといってもゼロではありません。それなりの配当を得るにはそれなりのリスクも考えなければなりません。投資である以上株をそのまま貯蓄とイコールとして考えることはできません。日頃から株をチェックし、自分の持ち株の適切な運用を怠ることはできません。

何回かいっていますが、生活費や必要なお金を投資することは避けるようにする事が大前提ですよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック


2008y03m31d_223754578.jpg



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。